リボルビング方式

リボルビング方式とは、クレジットカードの利用者が、限度額内でカードを使用した時に、月々の支払額を一定額、または残額に対する一定割合額などの形で返済をしていく方式のことです。リボルビング払い・リボ払いとも言われます。
リボルビング払いは定額方式・定率方式・残高スライド方式の3つに分けられます。
定額方式は更に元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式に分けることができます。元利定額リボルビング方式は、毎月指定した一定額を支払う方式のため、借り入れ当初は利息の支払いが多く元金の返済が後回しになります。
元金定額リボルビング方式は、指定した一定額の元金にプラスして利息を支払うという方式になります。そのため借り入れ当初は利息も高いため、支払額は大きくなるという特徴があります。
元金定額リボルビング方式は借金残高を把握しやすく、元利定額リボルビング方式は返済金額が毎月一定なので返済計画が立てやすいというものになります。