転職での必要な手続きと注意点

転職したらカードローンはどうなるの?必要な手続きと注意点

カードローンは無担保・無保証で借り入れすることができるため、審査には収入や勤務年数などの個人信用が必要となります。そのため、転職をする前の方や転職した直後の方は、カードローンの利用に関して不安を感じることでしょう。
ここでは、転職を考えている方に向けた、カードローンの利用ポイントをご紹介します。

転職直後は審査が通りにくくなるのは、ホント

冒頭でも説明したとおり、カードローンの審査には収入をはじめとする個人信用が重要となります。そのため、転職をするとカードローンの審査が通過しにくくなるといわれています。
その理由の一つに、「勤務年数の短さ」や「毎月の収入が見込めない」という点があります。
キャッシングでの勤務年数が長いというのは1年以上のことを指すため、転勤直後では勤務年数が短いと判断されるため審査が通過しにくくなってしまうのです。
また、転職先の月収がよいとしても、その月収を安定して得られるという断定はできません。勤務年数が、必要な条件となるのはそのためです。

転職直後にキャッシングを利用するためのポイント

転職直後にはキャッシングを利用できないと思っている方もいますが、そうではありません。
きちんとポイントを抑えて申し込みすれば、転職直後の方でも借り入れすることができます。
そのポイントは以下のとおり。

借入額が10万円以内

転職直後の不安定な収入状況で、借入希望額が高額であると審査に落ちる可能性があります。そのため、転職直後の借入希望額は10万円以内と少額にすることをおすすめします。

過去に返済遅延・延滞などをしていないという実績がある

過去に返済の遅延や延滞があった場合、信用できる人物であると判断してもらえないことも考えられます。返済の遅延や延滞はしないように努めましょう。

以上が、審査をスムーズに通過するポイントとなります。

転職直後にカードローンの審査を受ける上で必要な書類

転職をした方がカードローンの審査を受けるには、以下の書類が必要になります。

本人確認書類

「運転免許証」または「健康保険証」のどちらかがあれば大丈夫です。

前職の収入証明書類

借入額が少額であれば収入証明書類を提出する必要がない場合もありますが、転職直後であれば「前職の収入証明書類」の提示を求められることもあります。
「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」のいずれかを用意しておきましょう。

転職直後にカードローンの審査を受ける上での注意点

転職してからの勤務年数が半年以下である場合、今後安定した収入があるのかどうかの判断が難しいことから、審査において不利になる可能性があります。
審査をスムーズに通過するためにも、可能であれば、転職後半年以上勤務してから借り入れするとよいでしょう。

また、カードローンの審査のひとつに「在籍確認」があります。在籍確認は、申込者が申告をしてきた勤務先に実際に勤めているかを確認するものです。
在籍確認時に、会社名を名乗ってくることはありませんので、勤務先にかかってくる在籍確認の電話でカードローンの利用が知られる可能性は低いといえます。
しかし、転勤直後であれば、会社に個人的に電話がかかってくることが珍しく、在籍確認の電話ではないかと怪しまれることもあるため、借り入れをしていることが周囲にバレたくない人に関しても、転職してから少し期間をあけて借り入れしたほうがよいでしょう。

上記で紹介したように、転職直後であっても、借り入れは可能です。自分の状況をよく考えた上で、借り入れを行いましょう。