無職の人のカードローン

現在無職の人がカードローンを利用するためのステップ

失業中で安定した収入がないときなどに、カードローンの利用を考える方は多くいることでしょう。
カードローンは、担保を付けずにお金を借りることができるため、個人信用を重視しています。そのため、大手消費者金融などでは、「一定の収入」や「継続収入」などが審査の条件となっています。
したがって、安定した収入のない無職の方はカードローンの利用が難しいといえるでしょう。
とはいえ、無職でもカードローンの利用が可能な場合があります。以下では、安定した収入がなくてもカードローンの利用が可能な場合についてご紹介します。

配偶者あり無職(専業主婦など)

無職でも消費者金融や銀行カードローンの利用が可能な場合のひとつに、「配偶者あり無職(専業主婦など)」の方が挙げられます。
無職でも既婚者であり、配偶者に安定をした収入があるのならば、それを前提として利用できます。
銀行は原則的に利用可能ですが、消費者金融に関してはどこでも利用可能というわけではありません。一般的には大手消費者金融などでは申し込むことができないとされています。
しかし、「配偶者あり無職」の方向けのカードローンも存在しています。「配偶者あり無職」の方で利用を希望する場合はそういったカードローンを検討してみるとよいでしょう。

バイトをしていない学生

また、「バイトをしていない学生」の方でも消費者金融や銀行カードローンの利用が可能です。
学生の方であれば、アルバイトをしておらず収入がなくても両親や親族からの経済的支援によって生活をしている方がほとんどでしょう。
そのため、経済的支援をしてくれる人がいるという前提でカードローンが利用できます。
なお、この場合もすべての銀行や消費者金融では申し込むことができるわけではありません。
ところが、学生でもアルバイトをしていて多少でも収入がある場合は、カードローンが利用できる場合もあります。
また、学生の方向けのカードローンも存在しています。学生の方で利用を希望する場合はそういったカードローンを検討してみるとよいでしょう。

年金あり無職(年金受給者)

さらに、「年金あり無職」の方もカードローンの利用が可能です。
これまでと同様に、年金という安定した収入が見込めるため、それを前提として利用できます。
しかし、銀行は原則的に利用可能ですが、消費者金融に関してはどこでも利用可能というわけではありません。
大手消費者金融では年金以外の収入が必要となる場合もありますので、事前に確認をしてから利用しましょう。

少ない収入でも利用できる場合もある

このように、カードローンを利用するには、無職であっても原則として「安定した収入」が必要となります。
そのため、上記以外のケースの場合、利用は難しいといえるでしょう。
無職の方が利用するには、まず「アルバイトを始める」「自営業を始める」などによりある程度安定した収入を得ましょう。
一般的に借り入れできる額は年収の3分の1とされています。したがって、限度額は低くなってしまいますが、年収100万円程度の方であっても利用可能な場合があります。
無職の方で借り入れを希望する場合は、アルバイトをするなどをしてとりあえず安定した収入を得るようにしましょう。