審査に通りやすくするには

カードローンの審査に通らない方要チェック!

カードローンの申し込みをすると、かならず審査が行われます。きちんと身分を証明できるかどうか、返済能力があるかどうかが確認され、お金を貸すに相応しくないと判断されれば当然ながら契約することはできません。実際、カードローンの審査に落ちることはそれほど珍しいい話ではないのです。
しかし、審査に落ちたからといって別のカードローンにすぐ申し込んでも、同じく落ちる可能性は高いといえます。落ち続ければブラックリストに載ってしまい、さらに通らなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。
そこで今回は、審査に通らない理由や通りやすくなるポイントについてご紹介します。

カードローンの審査に通らない理由

カードローンの審査に通らない理由としては、以下の様なものが考えられます。

すでにお金を借りすぎている

貸金業法には総量規制というものがあり、これによって年収の1/3以上のお金を借りることができなくなっています。
そのため、すでに年収の1/3以上の借入を行っている場合には、カードローンの審査には通りづらくなります。これは、総量規制の対象外となっている銀行系カードローンでも同じことです。

利用限度額を高く設定しすぎている

カードローンの利用限度額は、申し込みの際に自分で希望額を決めることができます。この希望額が高すぎると、審査に通りづらいといえます。もちろん、その限度額に見合った収入があるのであれば問題はありませんが、収入に対して希望額が高過ぎると返済できる見込みがないと判断されるのです。

勤続年数が短い

前述のとおり、カードローンは返済能力があると判断されなければ審査に通りません。返済能力の有無は、定期的な安定した収入があるかどうかが大きく関係しています。そのため、今の会社での勤続年数が1年未満など短い場合には、安定した収入が得られると判断できないために通らない可能性があります。

ブラックリストに載っている

前述したように連続した申し込みのほか、直近3ヶ月で延滞や滞納があった場合もブラックリストに掲載されます。このようにブラックリストに掲載されていると、審査に通ることはまずないでしょう。

カードローンの審査に通りやすくするためには?

カードローンの審査に通りやすくするためには、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。
ひとつは、1ヶ月に3社以上の申し込みをしないということ。審査に通らないと何度も申し込みをしてしまいがちですが、3社以上に申し込むとブラックリストに掲載される可能性が高まります。1社では不安だからと同時に何社かに申し込むこともありますが、これもやめておきましょう。
申し込むカードローンの種類も重要なポイントです。銀行系カードローンは金利が低く、銀行ということで安心感もあると思います。しかしその分、銀行系は審査が厳しいともいわれているため、落ちる可能性は高くなります。ノンバンク系だから簡単に通る、というわけではありませんが、銀行系と比べると通りやすいといえます。
また、すでに借入がある場合には、その金額を少しでも少なくすることが大切です。返済実績をきちんと作れば、審査には通りやすくなります。延滞や滞納も、直近3ヶ月はないようにしておきましょう。