在籍証明と保証会社から考えるカードローン審査

カードローン審査でNGなことは?

カードローンの審査でやってはいけないこと

審査でやってはいけないこと−−−それは、大きく下記2点あります。

  • 申込書の内容に詐称がないこと!
  • 一度に複数社のカードローン会社に申し込みをしないこと!

まず、審査でやってはいけないことの1点目は、申込書の内容に詐称が無いことです。
申込書は必ず、正しい情報を記入してください。中でも勤め先を記載する欄がありますが、正しい勤め先(正式名称)を記載してください。というのは、審査の一つとして『在籍確認』があります。

『在籍確認』とは?

カードローン会社は、申込書に記載されている勤め先に「本当に勤めているのか?」を確認のため電話をします。
カードローン会社の立場に立ってみれば、『収入はどれくらいあって、毎月いくら返済できるの?本当に返済できるの?』と考えるのは当然のことです。
カードローンの申し込みは申し込み者の自己申告になりますので、返済能力を確認する上でもこの『在籍確認』は必要な工程となるのです。

要は、高額の借り入れ(消費者金融・・・50万円以上、銀行・・・100〜300万円以上)の場合は、収入証明が必要ですが、それ以外の金額の借り入れをする場合、申し込みに記載する内容は、嘘を記入しないとはいいきれないからです。

つまり、勤め先と記載されている先に電話をしたときに、電話口に出た方が『在籍してない』と答えると、【勤め先の詐称】となり当然ながら、申し込み者の信用がなくなり審査に通らないことになります。
中には在籍確認が不要な銀行もありますが、レアケースです。

〈在籍証明の不安な点について〉

在籍確認をして、同僚や上司にカードローンの利用がばれるか心配ですよね!
でもばれる可能性は、ほぼありませんのでご安心ください。なぜなら、カードローン会社は『在籍』だけを確認するので、下記のことに注意を払いながら在籍確認を進めます。
  • 社名を名乗らない
  • カードローン会社の電話からでなく、個人の携帯から電話をする
  • カードローンの在籍確認のために電話していることは伏せて電話をする

上記のように、プライバシーを考慮するルールがあるからです

さて次に、審査でやってはいけないことの2点目にいきましょう。
それは、一度に複数社の申し込みをしない、ということです。複数社に同時期に申し込みをした方が、審査に通る確立も上がりそうですし、早く結果が出そうですよね。しかし、それは誤った考えなのでお気をつけ下さい。
というのは、申し込みをした時点で個人信用情報機関に申し込み者の情報が記録されてしまいます。「当社で利用する気が本当にあるのか?」と思われてしまいますし、他社で審査が通らなかった場合、「(申し込み者に)なにか問題があるのでは?」と判断され、審査が通らない可能性が出てきます。
また、申し込みブラックリストとして記録されてしまいますので、審査に不利になってしまいますので、注意が必要です。

カードローンの審査に通る条件

審査に通りやすい人の条件は下記となります。

  • 安定的な収入がある方。(目安:200万円以上)
  • カードローンの利用が初めての方。
  • 過去に返済の延滞がない方。

例えば、某大手の消費者金融のご利用対象者は、「20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。

ここに述べた「当社基準を満たす方」の基準は、公開されていないですが、上記3点の条件をクリアされている方のほとんどは審査に通ります。逆に、審査に通りづらい方は下記のような方になります。

  • 他社に借り入れがある。
  • 過去に返済の延滞をしたことがある。
  • 無職で収入が無い。
  • ブラックリストにのっている。

上記、一点でも当てはまる方は、審査がかなり厳しくなります。
しかし、上記に当てはまったとしても、あきらめないでください。絶対に審査が通らないということではありません。

カードローンと保証会社の関係について

カードローンの手続きをする場合、ほとんどは保証会社による審査が行われるのが一般的です。
では保証会社とは、どんな役割を担っているのでしょうか?
申し込み者から保証人や担保を不要とするかわりに、保証会社が銀行に対して保証を行うのです。万が一申し込み者が返済出来なくなったとしても、保証会社が、申し込み者にかわって返済を行うのです。

もし、申し込み者が返済出来なくなったとしても、保証会社が肩代わりしてくれるから一安心!なんて考えは甘いので気をつけてください。 というのは、信用情報機関に「事故」情報として記録されてしまうからです。 そうなってしまっては、今後の審査で不利になってしまうので、慎重になってください。
つまり、カードローンを申し込みする場合、保証会社の審査の結果がとても大きなポイントとなってきます。どちらの保証会社になっているのかは、カードローン会社の各サイトに記載されています。
保証会社の審査条件も、前項に記載のある「審査に通りやすい人の条件」と同様の内容とされています。