大手が扱うカードローンと、中小が扱うカードローンの違いとは?

カードローンには、テレビCMや広告などで良く目にするいわゆる「大手カードローン」とそれ以外の「中小が扱うカードローン」があります。両者間の知名度や規模の違いは利用者にとってはどう影響してくるのでしょうか?

大手カードローンは便利でスピーディー!

大手カードローンは便利でスピーディー!大手カードローンの強みはなんといっても「利便性」です。「全国展開」している大手カードローンは、利用できる店舗やATMが全国に存在します。例えば、旅行先・出張先などでも、借り入れや返済がしやすくなります。急にお金が必要になった時、すぐに契約や借り入れが出来るのは利用者にとって大きなメリットですよね。 また、返済がしやすければ「遅延」などのトラブルも少なくなります。また、大手カードローンは機械で効率よく審査する為、融資までの時間が短いのも特徴です。融資までの時間が最短で30分というところも多く、忙しい現代人のニーズに合っているのが「大手カードローン」といえます。

中小企業は借りやすい!?

一方、中小企業の多くは「対面での審査」を行っています。対面ですので直接店頭に出向く必要がありますし、面談してからの審査はそれなりに時間もかかります。ただ、人が審査する「対面審査」は利用者にとってメリットになることも。例えば、過去に「金融事故」(大幅な返済の遅延や債務整理など)があった場合、大手の審査では融資が下りない場合がほとんどですが、中小企業の場合は実際に顧客と面談し、「現時点での返済能力には問題が無い」と判断すれば、融資が下りる可能性があります。 「大手より審査が甘い」といわれる中小が扱うカードローンですが、審査が甘いのではなく「多方面から調査し融資できる可能性を広げる」ということなのです。

金利や限度額の違いはあるの?

金利や限度額の違いはあるの?最高金利は「賃金業法」で決められているので両者に大きな違いはありません。ただし、10万円以下の融資の場合、中小企業の金利の方が若干高くなる傾向にあります。 限度額に関しては大手の方が高額になります。一方で中小の限度額は50万円ほどのところもあれば、500万円と大手に引けを取らないようなところもあります。

いかがでしたか?両者大きく違うのは「審査方法」です。また大手は知名度がある分「安心感」も大きいですね。中小企業であっても、会社によってはほとんど大手と変わらないところもあります。 どちらにせよ、借り入れる際はローン会社をきちんと「比較検討」し、無理の無い範囲で、きちんと返済計画を立て利用する事を心がけましょう。