個人事業主の場合

自営者向けもある!
個人事業主がカードローンを利用するときのポイント

急にお金が必要になったときに取れる手段としてカードローンを利用するという方法があります。
カードローンは無担保型のフリーローンであるため、借りたお金をさまざまな用途で使用することができます。
生活費が少し足りない時や急な結婚式の予定でお金が足りないといった緊急な時でも柔軟に対応することができるのです。
そんなカードローンですが、個人事業主の場合は少し事情が異なります。個人事業主は、カードローンの審査に通りにくいと言われているのです。

個人事業主が審査に通りにくい理由

個人事業主が審査に通りにくい理由のひとつは、収入が安定していないということが挙げられます。
毎月定められた金額を返済しなければならないため、審査において重要視されることは定期的に安定した収入があることです。
そのため、個人事業主は毎月定められた給与がなく収入が不安定なため審査に通りにくいのです。
もうひとつの理由は、収入が不安定に見えることに加えて、収入が少なく見えることも原因として挙げられます。
借入希望金額によっては収入証明書が必要になりますが、収入証明書に記載される収入は経費や控除が引かれたものとなります。そのため、実際の収入よりも低くなるのです。
また、個人向けカードローンは用途自由とはいっても原則では事業資金として利用することができません。
そのため、資金調達の用途ではそもそも借り入れができないことになります。

自営者向けカードローン

もし事業資金としてお金を借りたいという場合は、自営者向けカードローンというものがあります。
自営者向けカードローンのもっとも大きな特徴は、総量規制の対象外ということです。
総量規制は貸金業法によって定められている規制で、これにより年収の1/3を超える借り入れができなくなっています。
しかし、自営者向けカードローンの場合はこの総量規制の対象とならないため、返済能力さえ認められれば年収の1/3以上の金額であっても借りることができるのです。
ただし、申し込みの際には収入証明書の提出が必須となっているため、確定申告書の写しを事前に用意するようにしましょう。

事業目的以外でカードローンを申し込む際のポイント

事業目的以外の用途、たとえば生活費の補填などが目的の場合、通常のカードローンが利用できます。
しかし、前述したように個人事業主は審査に通りにくいため、思うように契約できないこともあります。
通らないからと何度も申し込みをしてしまうと申し込みブラックになる可能性もあるため、注意が必要です。
個人事業主が申し込む場合、審査の厳しい銀行系ではなく消費者金融系の小口ローンを利用するのがおすすめです。
この場合は限度額が低いため収入証明書を提出する必要がなく、比較的審査に通りやすいといえます。
また、他社からの借り入れがない、事故情報がない、営業年数が長く収入が安定しているといった場合は銀行系のカードローンでも審査に通りやすくなります。