低金利な銀行系カードローン

高額融資可能、低金利な銀行系カードローン

カードローンの種類

銀行や消費者金融の個人向けのローンは、カードローンを使用してATM等で取引をすることが主流です。個人向けの消費者ローンを全てまとめて「カードローン」と表すことが多くあります。
また、カードローンを提供している会社は、銀行と貸金業者の大きく2つの種類に分類されます。 銀行は銀行法とよばれる法律、貸金業者は貸金業法とよばれる法律によって規制が定められています。
銀行と貸金業者には下記の分類があります。

  • 銀行は、店舗をもっている銀行とネット銀行の2つにわかれます。
    両方、サービス内容はほぼ同じとなっておりますので、カードローンも同じ内容となります。
  • 貸金業者は、消費者金融と信販会社の2つにわかれます。
    カードローンの特徴も異なってきますので、後ほど解説致します。

銀行系カードローン

銀行が提供しているカードローンです。
審査はやや厳しいですが、金利が低いです。また銀行ATMで借り入れや返済が可能なので、他人の目を気にせず利用出来るのがメリットです。

消費者金融系カードローン

消費者金融が提供しているカードローンです。審査は通りやすいですが、金利は高めに設定されています。

信販系カードローン

信販会社が提供しているカードローンです。

クレジットカード会社が運営をしていますので、クレジットカードの一つの機能としてカードローンが存在するので、利用がしやすいです。また海外でも現金を借りられることがメリットです。

銀行系カードローンのメリット

銀行のカードローンは、大手都市銀行だけでなく、地方銀行でも取り扱っています。何と言っても銀行のサービスなので「安心感」が最大のメリットです。
銀行のカードローンのメリットを下記にまとめました。

銀行のサービスならではの「安心感」

カードローンと一言でいっても、借り入れを行うのは少し抵抗がある方は多いのではないでしょうか。しかし有名なタレントの方がCMに出てサービスの案内をしていたり、窓口では親切丁寧にスタッフの方が教えてくれたりしているので、安心感があります。

低金利

他の消費者金融が取り扱っているカードローンと比較すると、銀行のカードローンは低金利が特徴となります。

人目を気にせず借り入れが可能。

借り入れを行う場所は、ATMになるので、キャッシュカード利用と同じように借り入れが出来るので、人の目を気にする必要がございません。もちろん返済も同じ場所で出来るので、気軽に利用出来るのがいいですね。

高額の借り入れ。

銀行法の適応となる銀行カードローンは、総量規制が関係ないので、高額の借り入れをすることが可能です。
※ 総量規制とは・・・年収の1/3までしか借り入れが出来ない貸金業法の規定のことです。

銀行系カードローンのデメリット

安心感があって低金利の銀行系カードローンですが、一方デメリットも存在するのです。デメリットを知った上で、銀行系カードローンにするか、消費者金融系カードローンや信販系カードローンにするかをご判断されてください。
では、銀行のカードローンのデメリットを下記にまとめました。

審査が厳しい。

消費者金融のカードローンと比べて審査が厳しいことが上げられます。銀行系カードローンは保証人不要ですが、その代わりに銀行と保証会社の両方の審査を必要とします。

消費者金融が保証会社の場合も。

上述したように、審査が銀行と保証会社の両方となりますが、保証会社に消費者金融を利用している銀行もあります。銀行だから「安心!」と思って申し込んだとしても、気になる方は保証会社を調べてからお申し込みをされることをお勧めします。

なかなか完済しにくい?

銀行系カードローンだけの話ではないのですが、カードローンはなかなか完済がしにくいローンといわれています。その理由は、利用枠が残っていると、何度でも利用枠の範囲で借り入れすることが出来るからです。
長く利用していると「借りる」という感覚ではなく、預貯金からお金を「引き出す」という感覚になってしまう方が多くいらっしゃいます。ですので、計画的に借り入れをするように心がけてくださいね。