リボ払いと分割払いの違いは?

カードローンの基本はリボ払い。分割払いとどう違う?

リボ払い(リボルビング払い)」は、カードローンの代表的な返済方式です。
「月々お金を支払っていく」という点では分割払いと同じに思えますが、そこには明確な違いがあります。
カードローンを利用する上で重要なポイントとなる「リボ払い」の仕組みを、ここでチェックしておきましょう。

リボ払いの基本

リボ払いは、「1ヶ月5,000円」「1ヶ月1万円」というように、毎月一定額を支払う方式です。カードローンでは、カードローン会社ごとに最低支払額が設定されているので、それをクリアしていれば、自分で自由に月々の返済額を決めることができます。

一方、分割払いは「3回払い」「5回払い」というように、希望の回数に分けて支払う方式です。

すなわち、いくらずつ返済するかを設定するのが「リボ払い」。
何回で返済するかを設定するのが「分割払い」。

では、2つの返済方式によって、どのような違いがあるかを見てみましょう。
たとえば、カードローンの借入限度額が30万円とします。

【リボ払い方式:毎月返済額1万円の場合】

最初に5万円借りると、返済額は月々1万円(手数料や利息が含まれる場合と、別計算の場合があります)。
その後、さらに5万円借りて借入総額が10万円になっても、返済額は月々1万円です。その代わり、返済期間が延びることになります。

【分割払い方式:返済回数5回の場合】

最初に5万円借りると、返済額は月々1万円+手数料や利息。その後、さらに5万円借りると、借入ごとに返済額が決まるので、月々の返済額がプラスされます。
すなわち、返済回数は5回のままで、月々の返済額が2倍に増えることになります。

リボ払いの注意点

一見、リボ払いのほうが、返済しやすいと感じるかもしれません。ですが、借入限度額を超えない限り返済額が増えていかないので、危機感を感じにくくなります。
そのため、「ついつい借りすぎてしまった」という事態に陥らないよう注意が必要です。

また、忘れてはならないのが、利息の存在。

リボ払いでは、返済額が一定である代わりに、借入額が増えるほど返済期間が長くなります。
すると、月々の返済は少額でも、「借入残高×利子」が何度も課せられるので、返済総額が元金を大きく上回ることもあるのです。

なお、リボ払いでは「月々一定額を返済する」のが基本ですが、厳密には、返済額を固定して利息分によって変動する「元金定額方式」と、元金返済分と利息分を合計した返済額が固定される「元利定額方式」の2種類があります。
どちらのリボ払いを採用しているかはカードローン会社によって異なるので、事前に確認することをおすすめします。

リボ払いは繰り上げ返済できる

一般的に、クレジットカードの分割払いでは、支払い時に決めた回数を後から変更することはできません。
ですが、カードローンのリボルビング方式の返済は、繰り上げ返済することができます。つまり、お金が用意でき次第、その都度返済していくことができるのです。

カードローンの利息を少なくするコツは、早め早めに返済していくこと。元金を早めに減らせば利息が少なくなり、それだけトータルの返済額が抑えられます。
一般的な「分割払い」のイメージにとらわれず、お金が用意できれば積極的に繰り上げ返済していくことをおすすめします。