ビジネスローンとカードローンの違いについて

ビジネスローンとカードローンの違いについて

経営者にとって今後の先行きを左右するひとつに「資金繰り」があげられます。
資金繰りが悪化すると、一時的に資金不足になることや、急遽お金が必要になることも考えられます。
そんな時に資金を援助してくれる選択肢のひとつが「ビジネスローン」です。
ビジネスローンは、一般的なカードローンと同じく、銀行やクレジット会社・消費者金融での取り扱いになりますが、いったい両者の違いは何なのでしょうか。

用途の違い

カードローンは「一般人向けの無担保で借りることができるローン」。借りたお金の使用用途については自由です。
一方、ビジネスローンは「個人事業主や中小企業向けの事業資金のためのローン」です。借りたお金は事業資金として使う必要があります。
ビジネスローンも、カードローンのように無担保で利用できますが、不動産担保をつけると金利をぐんと下げることができるというメリットがあります。

総量規制対象に該当するかどうかの違い

カードローンは「総量規制対象」、ビジネスローンは「総量規制対象外」です。
総量規制とは、「借り入れの限度額=年収の1/3まで可能」という法律です。そのため、カードローンにおいては借り入れの限度額が自ずと決まります。
一方、ビジネスローンは総量規制対象外なので、年収に関係なく必要な金額の借り入れが可能です。

最大限度額の違い

ビジネスローンは事業資金の借り入れのためのローンという特性上、高額の借り入れを必要とするケースが多いです。
そのため、一般的なカードローンに比べて最大限度額が高いです。
金融機関によっては、ビジネスローンの最大限度額を1000万円と設定している会社もあります。

記入書類の違い

カードローンは、限度額が少額の場合、必要書類は本人確認書類のみというケースが多いです。
一方、ビジネスローンはその特性上、事業に関する書類や、法人・個人事業主であることを証明する書類が必須となってきます。
金融機関側も、会社の経営状態を確認するまではお金を貸すことができません。
法人であれば、代表者の本人確認書類や、登記事項証明書(商業登記簿謄本)・決算書原則2期分が必要となります。
個人事業主であれば、本人確認書類はもちろん、確定申告書原則2年分が求められます。
金融機関によって、その他にも書類を求められる場合があるのでご注意ください。

審査時間の違い

ビジネスローンの審査で重視されるのは決算書です。
金融機関は決算書によって会社の財務状況や経営状態を確認し、借り入れ額と利息分を返済できる力があるか、経営は安定しているか、将来性があるかどうかを審査します。
さまざまな観点で審査が行われるため、借り入れまでの時間も長くなります。
一方、カードローンの審査はスピーディーで、金融機関によっては即日審査・即日融資を行っている会社もあります。ビジネスローンに比べて、借り入れまでの時間は短いです。