バイトや派遣のカードローン審査

大事なのは収入の高さより◯◯。

カードローンはいざという時にお金を借りることができる便利なものですが、誰でも自由に借りられるというわけではありません。
カードローンを利用するためには審査に通過する必要があり、そのためにはさまざまな条件をクリアしなければいけないのです。
審査の条件のなかには、職業も含まれています。借りたお金は返さなければいけないため、どのような職業であるかは重要なポイントです。
ここで気になるのは、アルバイトや派遣社員の場合です。一般的にアルバイトや派遣社員は、審査に通りにくいと言われています。

アルバイトや派遣社員は審査に通りにくい?

アルバイトや派遣社員が審査に通りにくいといわれている理由として、主に収入の低さが挙げられますが、アルバイトや派遣社員の場合でも正社員に匹敵するような収入を得ている人もいますし、生活をするうえで十分な収入は得られている人も多くいます。
そのため、収入の金額自体はそれほど大きな問題にはなりません。
ではなぜアルバイトや派遣社員はカードローン審査に通りにくいと言われているのでしょうか?それは収入の不安定さが大きく関係しています。
正社員に比べ、アルバイトや派遣社員は収入が不安定です。雇用形態の関係上いつその職場を離れるか分からず、突然収入がなくなってしまうことも十分に考えられます。
カードローンは毎月定められた金額を返済していく必要があるため、収入が不安定だと返済能力がないと判断されるのです。

ポイントは勤続年数

カードローン審査においては、前述したように収入の安定性が重要となります。
アルバイトや契約社員の場合であっても、この点をクリアできればカードローンを利用することができます。そこでポイントとなるのが、勤続年数です。
たとえば働き始めて1週間のアルバイトと数年のアルバイトでどちらがより信頼できるかというと、当然ながら後者です。
長く続けているということは、今後も勤続することが予想できるからです。初めて1週間ではまだ続けるかどうかが不透明であるため、収入の安定性はないと判断されます。
派遣社員も同じく勤続年数が重要ですが、派遣先ではなく派遣元の会社への勤続年数がポイントとなります。
派遣社員は職場を転々とすることも多いため、派遣先の会社の勤続年数は短くなる傾向にあります。
しかし、派遣元の勤続年数が長ければ仕事自体は続けていることがわかるため、収入の安定性は証明できるのです。

利用限度額は低くなる傾向に

今回ご紹介したように、収入の安定性さえ証明されればアルバイトや派遣社員でも問題なくカードローンを利用することができます。
ただし、利用限度額は低くなる傾向にあるためその点には注意が必要です。
利用限度額の決定には収入の高さや安定性はもちろん、社会的な信用度も大きく関わってきます。
正社員に比べるとアルバイトや派遣社員は社会的信用度が低いため、正社員よりも限度額が低くなる可能性があります。