カードローン限度額との付き合い方

上げる?下げる?そのまま?カードローン限度額との付き合い方

カードローンを利用する際に設定する限度額
カードローンは、無担保・無保証で借り入れできるため、個人信用が重視されます。
そのため、収入や雇用形態、年齢、その他の銀行・消費者金融からの借り入れの有無などが審査の条件となり、これらの条件によって限度額が設定されます。
カードローンを利用していると、「もう少し上限額を増やしたい」「上限額を減らしたい」などと思うことがあるでしょう。そこで、今回は限度額との付き合い方についてご紹介します。

銀行と消費者金融のカードローン限度額の違い

カードローン限度額は、銀行と消費者金融では設定方法が異なります。

消費者金融のカードローンは、貸金業法によって「融資限度額は年収の1/3」と定められています。これは、総量規制と呼ばれるものです。
また、1社から借りられる上限額ではなくすべての借り入れを合計した金額になります。
例えば、年収300万円の方が消費者金融のカードローンを利用する場合、複数の会社から借り入れできるのは100万円となります。そのため、A社から70万円、B社から30万円借り入れしている場合、これ以上は借り入れすることができません。
つまり、自分の年収を知っていれば、消費者金融での最大限度額はすぐに算出できるでしょう。

しかし、この規制は貸金業者に対する法律であるため、銀行法が適応される銀行のカードローンでは適用されません。そのため、銀行のカードローンであれば、年収の1/3を超える借り入れが可能です。
ただし、銀行のカードローンは比較的審査が厳しいとされており、希望する限度額に設定できるかどうかはその人の与信次第となります。実際に審査を受けて、初めて限度額を知ることができるといえるでしょう。

カードローン限度額の増枠

希望する上限額を設定することができなかったという方も以下の方法により上限額を増枠することが可能です。

収入を上げる

カードローンは、個人信用が重視されるため、収入増加=信用増加になります。
そのため、収入が増えれば融資限度額が上がる可能性があります。納税証明書、源泉徴収書など所得を証明できるものをカードローン会社に提出しましょう。

カードローン会社からの信用を得る

毎月遅延なく返済をしていれば、カードローン会社はその人のことを信用します。
その結果、限度額増枠のお知らせのメールや電話などが来ることでしょう。ただし、信用を得たからといって必ず増枠ができるわけではありません。
例えば消費者金融からの借り入れの場合、既に年収の1/3の上限額になっていれば増枠をすることができません。

限度額とはうまく付き合おう

上記の方法により限度額を増枠することができますが、返済の際には元本に利息がかかります。
そのため、上限額は必ずしも増枠すればよいというわけではありません。自身の年収や利用目的などに合った借り入れを行いましょう。