カードローンの返済忘防止テクニック

ついうっかりを防ぐ!カードローンの返済忘れを防止するテクニック

手軽にお金を借りることができる手段として、近年カードローンを使う人が増えています。
カードローンは使い道を限定されないフリーローンであるため借りたお金をさまざまな用途で使用することができますし、利用限度額内であれば何度でも繰り返し利用することができます。
そんなカードローンですが、当然ながら借りたお金は返さなければいけません。もし返すのが遅れてしまった場合は、さまざまな問題が発生します。
そこで今回は、カードローンの返済が遅れるとどうなるのか、返済忘れを防止する方法をご紹介します。

カードローンの返済が遅れると…

カードローンの支払いは、多くの場合リボルビング払いとなっています。
これは借入残高によって毎月の返済額が変わるというもので、毎月の期日までに一定の金額を返し続けることになります。
もし支払いの期日までに返済されなかった場合、まずは電話で遅延の連絡がきます。この時に返すことができれば、遅延日数に応じた損害金を支払うだけで済みます。
ただし、遅延が繰り返されたり電話連絡後にもなかなか返済が行われなかったりした場合には、ハガキなどの書面による督促状が届くようになります。
この段階で、カードローンの利用は停止されます。督促状が来ても返済が行われなかった場合、自宅に取り立てが来る場合もあります。
また、こういった督促のほかに事故情報の登録、いわゆるブラックリストへの掲載があります。
クレジットカードやカードローンなどを契約する場合、信用情報の照会が必ず行われます。
これは本人が信用できる人物であるかどうかを判断するためのもので、過去になんらかの問題を起こしていないかどうかを調べることができます。
信用情報は信用情報機関によって管理され、加盟している金融機関であれば自由に閲覧することができます。
つまり、他社で金融事故を起こすと、他の金融機関もその情報を知ることができるのです。
そのため、一度ブラックリストに載ってしまうと、あらゆる金融関係の審査で通らなくなってしまいます。
一度の遅延で即ブラックリスト入りすることはありませんが、繰り返しの遅延や長期の遅延になるとブラックリスト入りしてしまいます。

カードローンの返済遅延を起こさないために

返済を遅らせないようにする最も簡単な方法は、返済を銀行引き落としにするという方法です。
返済方法は各社によってさまざまですが、ほとんどの会社で銀行引き落としに対応しています。
持参払いと呼ばれるような自分の手で支払いを行う方法では、期日を忘れたり事情があって支払い手続きができなかったりして返済ができない可能性があります。
しかし、銀行引き落としであれば期日に口座から自動的に返済が行われるため、支払いを忘れるということがありません。
給料が振り込まれる口座を引き落とし口座に指定しておけば、口座にお金がなく引き落としができないという状況に陥る心配もほとんどありません。
また、カードローンによっては期日が近づくとメールなどで通知してくれたり、支払いが行われなかった場合に自動融資が行われたりといったサービスを提供していることもあるため、そういったサービスを利用するのもおすすめです。