カードローン申し込みから借りるまで

流れを把握しておこう!カードローン申し込みから借りるまで

カードローンは一昔前に比べると身近になりましたが、まだまだ一般的であるとはいえません。そのため、どのように申し込みをすればいいのか、借りるまでにはどういった流れがあるのかわからないという場合も多くあります。
カードローンはさまざまな申し込み方法があるため自分に合わせた方法を選ぶことができますし、最初の借入までも特に難しい手順などはありません。そこで今回は、カードローンの申し込み方法や借入までの流れについてご紹介します。

自分に合った申し込み方法が選べる

冒頭でも触れたように、カードローンの申し込み方法はさまざまです。そのため、自分に合った方法を選ぶことができます。
近年注目されているのが、インターネットでの申し込みです。パソコンやスマートフォンなどインターネットを利用できる機器が日常的に使われるようになったことから、この方法はよく利用されるようになりました。
場所や時間を問わずに申し込みすることができるため、仕事が忙しいサラリーマンなども利用しやすいといえます。
急いでいる場合、電話での申し込みが勧めているカードローン会社も多くあります。電話はすぐにやり取りを始めることができるので、即応性が高いのです。
このほかには、郵送や自動契約機、店頭での申し込みなどがあります。自動契約機や店頭での申し込みも即応性が高いため、時間に余裕がある場合には利用しやすいといえます。

申し込みから借入までの流れ

審査

自分に合った方法で申し込みを行うと、カードローン審査が行われます。審査では身分証明証や自己申告された内容、収入証明などから判断し、希望する借入限度額が可能かどうか、そもそも契約しても大丈夫かどうかが検討されます。
定期的な収入があれば基本的には大丈夫ですが、借入希望額が大きくなればそれだけ審査は慎重に行われます。
審査結果はメールで来る場合や電話で来る場合などがあり、申し込みの際に選べることも多くあります。審査期間は早ければ30分程度でわかりますが、1週間程度かかることもあります。申し込み方法によっても変わる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

契約

審査に通れば、カードの受取を行います。カードの受取方法は主に2種類で、郵送と店頭になります。店頭の場合は本人確認書類を持って来店し、契約書を作成してからカードを受け取ります。
郵送の場合、カードと契約書類が届くので、必要事項を記入してから本人確認書類とともに返送します。
また、近年はネット完結型と呼ばれる契約方法もあります。この場合は本人確認書類の画像を添付してアップロードすることで、郵送や来店の手間を省くことができます。
カードは郵送されてくることもあれば、自動契約機で発行する方法もあります。

借入

カードを受け取り、本人確認が終われば、借入を行うことができます。借入はカードローン会社のATM、提携コンビニや提携銀行のATM、店舗窓口などで行うことができます。
どの借入方法が利用できるかは各カードローンによっても異なるため、確認しておきましょう。
また、近年はインターネットから振り込み依頼ができるものも増えています。この場合は店舗に赴くことなく指定口座に振り込んでもらうことができるので、自宅や職場、出先からでも依頼することができます。
契約さえ完了していればカードが手元に届いていなくても利用できる場合もあり、昔に比べて利便性は向上しています。