カードローン完済のコツは繰り上げ返済

月々返済だけじゃない!カードローン完済のコツは繰り上げ返済!

カードローンでお金を借りると、毎月定められた期日に定められた金額を返していかなければいけません。
もし遅れてしまうと、信用情報機関に事故情報が登録される、いわゆるブラックリストに載ってしまったり、新規の借入を止められてしまったりとデメリットしかありません。そのため、返済は計画的に行っていく必要があります。
カードローンは完済までの期間が長くなるため、毎月きちんと返していてもなかなか借入残高が減らないと感じてしまうこともあります。
カードローンを完済するためには、どういった点に注意すればいいでしょうか。
今回は、カードローンを完済するコツについてご紹介します。

完済のコツは繰り上げ返済

毎月定められた金額をコツコツ返していくことは大切ですが、それだけでは完済までの期間は長くなりがちです。
カードローンを完済するためには、毎月の支払い以外の手段も活用しましょう。その手段が、繰り上げ返済です。
繰り上げ返済は文字通り、毎月の最低金額に加えて繰り上げで支払いを行うというものです。もちろんその月の生活費に余裕がなければできませんが、余裕がある月に積極的に繰り上げすることで随分と楽になります。
加えて、繰り上げ返済のメリットは単純に借入残高が減るというだけではありません。最大のメリットは、金額に利息が含まれないことなのです。
通常の返済の場合、支払う金額は元金と利息で構成されます。たとえば月々2万円支払っているとしても、そのなかには利息が含まれているため借入残高がそのまま2万円減ることはありません。そのため、支払っている金額の割には残高が減らないと感じてしまうのです。
繰り上げ返済の場合、支払った金額が利息を含まない100%元金となるため、そのまま借入残高が減ります。また、借入残高が減れば本来の利息も大幅にカットすることができます。こういった理由から、繰り上げ返済カードローンの完済において大きなポイントとなっています。

計画的に返すために

繰り上げ返済を活用すれば、カードローンの完済はぐっと楽になります。これ以外にも、カードローンを完済するには、いくつかのポイントがあります。

返済日の設定

毎月の返済期日は決まっていて、それまでに定められた金額を返さなければいけません。この期日に関しては、なんとなく決めてしまっていることもあるかと思います。
しかし、「うっかり」で延滞しないためには、この期日の設定も大切です。期日は会社によって定められている場合もあれば、いくつかの候補から選ぶことができる場合もあります。選べる場合、返済しやすい日を選びましょう。

毎月の返済額

毎月支払う金額を見直すことも、完済へのポイントです。支払金額が少なければ毎月の余裕は大きくなりますが、完済までの期間は長くなり、利息も多く支払わなければいけなくなります。
かといってギリギリの金額に設定すると、もしものときに支払いができなくなってしまう可能性もあります。そのため、多すぎず少なすぎずの金額を設定しましょう。完済日をおおまかに設定し、そこから逆算して考えるのもいいでしょう。