カードローン会社を選ぶポイント

借りる前に知っておこう!カードローン会社を選ぶポイント

近年はテレビCMなどでもカードローン会社をよく見かけるようになっているため、一昔前に比べてより身近なものになっているといえます。しかし、これだけカードローン会社が増えると、逆にどんなところを選べばいいのか迷ってしまいます。
選び方がわからなければ、自分にとって利用しにくいカードローンを選んでしまうかもしれません。
そこで今回は、カードローン会社を選ぶ際に知っておきたいポイントについてご紹介します。

銀行系? ノンバンク系?

カードローン会社を選ぶ際にまず考えなければいけないのは、銀行系のカードローンとノンバンク系のカードローンのどちらを選ぶのかです。
現在一般的に利用されているカードローンは、銀行系カードローンとノンバンク系カードローンの2種類に大別されます。どちらも名前のとおりであり、前者は銀行が、後者は消費者金融や信販会社など銀行以外が運営しています。
銀行系カードローンは基本的に金利が低く、総量規制の対象外です。総量規制とは、年収の1/3までしか借入ができないという貸金業法上の規制です。銀行は銀行法に則って運営されているため、貸金業法の規制である総量規制の影響を受けません。
ただし、銀行系カードローンは審査が厳しいとされています。ノンバンク系カードローンは、銀行系に比べる金利が高くなります。また、総量規制の対象となるため、年収の1/3を超える借入はできません。しかし、借入方法や返済方法が多彩であり、融資実行までの時間が短く使い勝手がいいという特徴があります。
カードローン会社を選ぶ際には、まず銀行系とノンバンク系のどちらにするかを考えましょう。

カードローン会社を比較する際に注目すべきポイント

カードローン会社を比較する場合、注目すべきポイントがいくつかあります。
ひとつは、大手の会社であるかどうかです。大手のカードローン会社は知名度が高く、経営が安定していることから信頼性も高いといえます。
急に倒産することもなく、安心して利用することができるでしょう。逆に、無名の会社はいくら条件がよくてもおすすめできません。良すぎる条件は逆に怪しいので、その点は注意しましょう。
低金利であることも大きなポイントです。金利が高ければそれだけ返済金額が大きくなってしまうため、できるだけ金利が低い会社を選ぶようにしましょう。
このときに気をつけたいのは、借りる金額によって金利が変動するということ。
最低金利にだけ注目していると結果的に高い金利のカードローン会社を選んでしまうこともあるため、自分が借りる予定の金額でどれくらいの金利になるのかをきちんと確認しておきましょう。
また、借入や返済の利便性にも注目するべきです。借入や返済の金額に直接影響しないため疎かになりがちですが、使いにくいカードローンを選んでしまうと借入や返済がしにくくなってしまいます。
借入や返済で利用できる方法、提携しているATMの数、ATM利用の際の手数料、口座を作る必要の有無など、利便性についても十分に注意しておきましょう。