カードローンを借り換えるタイミングは?金利ってどうなるの?

CMなどでよく耳にする「カードローンの借り換え」。実は、適切なタイミングで行うと、返済がお得になるってご存知でしょうか?カードローンを借り換えるタイミングや金利などについてまとめてみました。

カードローンを借り換えるタイミングは?

カードローンを借り換えるタイミングは?カードローンを借り換えるタイミングとして多いのは、主に3つです。これらのタイミングで、ローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?


  1. 現在利用している金龍機関の金利よりも、他の金融機関の金利の方が低い場合
    金利よりも融資スピードを優先したため、現在の金融機関の金利が高い方に当てはまります。
    ある程度体制が整ってきた場合、現在の金融機関よりも金利の低い他の金融機関での契約を見直してみることをおすすめします。

  2. 複数の金融機関と契約しており、金利の低い方の金融機関で増額ができる場合
    増額とは、文字通り借り入れ金額の限度が上がることです。金融機関側は定期的に、一人一人の顧客に対して増額するかどうかの審査を行っています。審査ポイントは返済実績。返済期日よりも早めに返す・返済額を多めに返すなど、返済実績が優良だと判断された場合は、増額の対象になります。その際には、金融機関側から増額の案内の連絡が来ますので、そのタイミングでローンの借り換えを見直してみてもいいかもしれませんね。

  3. 返済日や返済金額を勘違いしてしまうトラブルに陥った場合
    複数の金融機関と契約している人にかぎって、返済が滞ってしまってしまうケースがあります。金融機関によって返済期日が異なるため忘れてしまったり、返済金額を勘違いしてしまったり…。また、同月の間に何度も返済日が来てしまうと、常に返済をしているような錯覚に陥りがちです。このような事態になってしまった場合は、ローンの借り換えを検討しても良いかもしれません。金融機関を1箇所にまとめると、返済日も月に1度だけなので忘れることもなく、管理がしやすいですよ。

金利ってどうなるの?

金利ってどうなるの?借り換えを検討する時に気になるのが金利。どの金融機関でも、借り換えを契約してもらうために優遇金利に力を入れていますが、注意する点がいくつかあります。
まず、優遇金利の適応条件をきちんと確認しましょう。条件として多いのが、銀行などで自社の口座を給与振込口座や公共料金の引き落とし口座に設定することや、クレジットカードの申し込みなどが挙げられます。
次に、優遇金利の適応期限を確認しましょう。金融機関によっては、ある一定の期間のみ優遇金利を適応している場合があります。その場合は、期限終了後どうなるのか、トータルの返済金額はプラスかマイナスかなどシミュレーションをしてみましょう。

最後に、借り換えでお得に返済しましょう!
場合によっては返済金額を押さえることができる「借り換え」。ぜひ一度検討してみてくださいね。