カードローンの限度額の決まり方

借りれる金額は人によって違う!

カードローンは、誰でも際限なくお金が借りられるというものではありません。借りることができる金額には一定の制限があり、それを超えて借りることはできないのです。
この借入限度額は一律ではなく、利用者一人ひとりで異なります。借入限度額は、どのようにして決まっているのでしょうか。
そこで今回は、カードローンの借入限度額についてご紹介します。

借入限度額はどのようにして決まる?

借入限度額がいくらになるかは実際に申し込んでみないとわかりませんが、いくつか基準となる要素があります。これを知っておけばだいたいどのくらい借りられるのか、そもそも借入ができるのか、ある程度予測ができます。
借入限度額に関してまず知っておきたいのは、総量規制の問題です。総量規制とは貸金業法の仕組みのひとつで、2006年の貸金業法改正によって段階的に施行、2010年に完全施行となりました。
この総量規制によって、個人の借入総額は年収の1/3までに制限されています。つまり、カードローンの借入限度額はどれだけ多くても年収の1/3を超えることはないのです。ただし、貸金業法は貸金業に関する法律であるため、銀行法に則っている銀行系カードローンには適用されず、借入限度額への影響も小さくなります。
初めてカードローンを利用する人や、すでに他社で借入を行っている人は、借入限度額が小さくなる傾向にあります。初めての人はこれまでの返済実績がないため、大きな金額を貸した場合に返済できる保証がありません。
そのため、借入限度額は小さくなります。すでに他社から借入がある場合も、同じく返済能力への不安があります。また、前述した総量規制は利用している借入の合計金額が対象となっているため、すでに借入があればその分を引いた額が上限となります。これも、借入限度額が小さくなる要因となるのです。

借入限度額の変更

借入限度額は契約時の状況によって決まりますが、そのままずっと変更されないわけではありません。増額や減額が可能です。ただし、申し込んだあとすぐに変更できるわけではないため、その点には注意が必要です。
増額に関しては、自分から申請するパターンと自動的に増額されるパターンの2種類が考えられます。自分から申請する場合、ホームページの会員専用ページや電話などで申請することができます。
増額されるかどうかは審査の結果によって決まり、契約から一定期間が経過しており滞り無く返済が行えている場合に増額されやすいといえます。また、急な病気など増額が必要な理由がある場合には、申請が通る可能性が高くなります。
自動的な増額は、カードローン会社がもう少し貸し出しても大丈夫だと判断した場合に行われます。初回の利用から一定期間が経過しており、きちんと返済されていると増額の連絡が来ることがあります。
このようにカードローン会社から案内がきた場合、必ずしも増額する必要はありません。必要ないと思うなら、断っても問題ありません。
減額を申し出ることもできますが、一度減額すると増額にはまた審査が必要となるため、よく考えて申し込むようにしましょう。会社によっては減額を受け付けていないこともあります。