カードローンの返済方式の違い

返済額が変わることも!カードローンの返済方式の違いに注目しよう

カードローンでお金を借りると、当然ながら期日までに返す必要があります。
この返済方式に関してはいくつか種類があり、それぞれのカードローンによっても変わります。
方式によっては実際に返す金額が変わってくるため、カードローンを利用する際には返済方式についても一通り調べておくべきです。
そこで今回は、カードローン返済方式のなかでよくみられるものについていくつかご紹介します。

基本的な仕組み

カードローンに限らず、お金を借りた場合にはその金額や期間に応じて利息が発生します。
この利息は毎月の支払いにかかってきますが、返す金額のなかの元金と利息の内訳がどのようになっているかによって返済方式は3種類に大別されます。
1つ目は、元利均等というものです。この場合は毎月返す金額が一定で、そのなかで利息と元金の割合が変化していきます。
返し始めは利息の割合が大きく、そこから徐々に元金の割合が増えていきます。
2つ目は、元金均等というものです。こちらの場合は毎月の返済額における元金の割合が常に一定で、その上に利息分が加算されます。
一定の元金が減っていくため、返済までの期間が計算しやすいです。
3つ目は、分割払いです。この場合は予め利息を含めた金額を計算し、それを一定期間で分割します。
毎月の支払い額が完全に一定なので、計画は非常に立てやすいです。
しかし、分割は金利が高く設定されていることもあるため、最終的な返済金額が大きくなる可能性があります。

カードローンの基本はリボルビング

前述したように、返済には大きくわけて3つの方式があります。
カードローンでは主に元利均等と元金均等が利用されていますが、そのなかでもリボルビング払いという方式が多く利用されています。
リボルビング払いは、利用総額によって毎月の返済金額が変化するという方式です。
カードローンは基本的に限度額内であれば自由に利用できるため、借入総額から返す金額を決定するリボルビング払いが広く利用されているのです。
リボルビング払いにもいくつか種類がありますが、元利均等方式である元利定額リボルビング方式、元金均等方式である元金定額リボルビング方式、元利定額リボルビングが少し変化した残高スライド元利定額リボルビング方式の3つがよく利用されています。 元利定額リボルビング方式は、毎月の返済額が一定で、そのなかで金利と元金の割合が変化します。
一般的な元利均等方式と基本は同じですが、カードローンは限度額内で自由に利用できるため、毎月の締日時点の利用総額で毎回利息の計算がされます。
元金定額リボルビング方式も、基本は元金均等方式と同じです。毎月同じ金額の元金を返済し、その上に利息分が追加されます。
残高スライド元利定額リボルビング方式は少し特殊です。
基本的には元利定額リボルビングと同じですが、たとえば10万円以内であれば5,000円、10万円~20万円であれば10,000円といったように、借入残高の範囲に応じて毎月の返済額が変化します。
元利定額の一種であるため、一定の返済額のなかで利息と元金の割合が変化します。