カードローンの返済について

カードローンの返済がピンチ!滞納しちゃった!そんなとき、どうする?

カードローンはもしものときにお金を借りることができる便利なものですが、無計画に借りてはいけません。借りたものは必ず返さなければいけないため、返すことができる金額かどうかはよく考える必要があります。
しかし、なかには切羽詰まっていて無理に借りてしまったり、不測の事態が発生して返済分のお金が用意できなかったりすることもあります。返済が遅延しそうな場合、あるいはすでに滞納してしまった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか。
今回は、カードローン返済が遅延しそう、あるいはすでに滞納してしまった場合の対応についてご紹介します。

カードローンを滞納するとどうなる?

カードローン返済日にお金が返せなかった場合、銀行系カードローンであれば保証会社から、ノンバンク系カードローンであればその会社から、支払いが確認できなかった通知と入金願いが届きます。
一般的にはハガキで送られますが、なかには契約時に記載した電話番号に電話がかかってくることもあります。
金融関係においては厳しい取り立てがあるというイメージがありますが、実際には大手の会社の場合はきつい催促などはありません。しかし、未払いが続けば法的な処置をとられたり、利用を停止されたりもします。

返済が遅れる場合は必ず連絡する

期日までに返すことができないと感じた場合、その段階で担当者に連絡を入れておくことが大切です。
事前に遅れることを連絡しておけば、カードローン会社からの督促を止めることができます。延滞記録そのものは残りますが、無断で延滞するよりも印象は良くなります。
また、ノンバンク系のカードローンの場合、事前に連絡すれば返済期日を変更してもらえることもあります。すべてのカードローンで対応してもらえるわけではありませんが、返済が遅れそうなときには確認しておくといいでしょう。

返済が遅れてしまった場合

返済期日が過ぎてしまった場合、気づいた時点で連絡を入れましょう。滞納したのが初めての場合、早期に連絡して返すことができればそれほど大きな問題にはなりません。
もちろん、連絡もなしに滞納し続けた場合は大問題であり、新規の借り入れ停止や強制解約となることも。
初犯であっても問題になるのが、最初の返済での遅延です。ある程度の返済実績があれば、一度遅れた程度であれば大目にみてもらえます。
しかし、実績がない最初の返済でのこととなると、その人の返済能力が疑われます。場合によっては新規の借入を停止されてしまうことがあるため、最初の返済には十分に注意しなければいけません。
滞納している分は早期に返すべきですが、1~2週間程度であれば待ってもらえる可能性があります。1ヶ月などの長期延滞には応じて貰えないことがほとんどです。
また、短期間であっても常習的に滞納するようであれば強制解約もあり得るため、その点には注意が必要です。