カードローンの申し込みの年齢制限

カードローンの申し込みに年齢制限はあるの?

銀行のキャッシュカードは未成年であっても作ることができますし、使うこともできます。クレジットカードの場合も審査が行われるものの、18歳以上であれば未成年であっても作れる可能性があります。
しかし、これがカードローンになると話は別です。カードローンは原則として、未成年は利用することができないのです。
今回は、カードローンでの年齢制限についてご紹介します。

未成年がカードローンを利用できない理由

多くのカードローンの場合、契約条件に20歳以上という年齢制限が設けられています。カードローンにもさまざまな審査がありますが、20歳以下の場合はそれだけで審査に落とされてしまいます。
このような年齢制限が設けられているのには、返済能力の有無が大きく関係しています。
未成年の多くは学生であり、働き始めている場合であっても就職して間もないことから収入が安定しているとは判断しにくいものです。
また、お金を返すということに対する責任感や、どれくらいまでなら返済可能かという判断能力が十分であるとも考えにくいもの。そのため、実際にお金を貸したとしても、きちんと返済される保証がないのです。
カードローン会社は慈善事業ではないため、返済できる人にしかお金を貸しません。この返済能力や責任能力が備わる目安となっているのが、成人となる20歳です。

年齢の上限は各カードローン会社によっても異なる

カードローンが利用できる年齢の下限は20歳ですが、上限に関しては各社によっても異なります。多くの場合、基準となるのは60歳から65歳の間です。ノンバンク系の場合は69歳以下としているところもあります。
年齢制限に上限が設けられている理由としては、主に収入と借入期間にあります。高齢になると会社を定年退職したり、怪我や病気などで仕事ができなくなったりする可能性が高くなります。
また、カードローンは返済期間が長くなるため、返済し続けるのが難しいとも考えられます。
年齢制限の上限は設けられているものの、高齢者だからといって審査内容が変わることはありません。上限以下の年齢なら、審査に通りさえすれば高齢者でもカードローンを利用することができます。

年金受給者はカードローンを利用できる?

カードローンの審査に通る条件のひとつに、安定した収入があることがあげられます。年齢制限に引っかからない高齢者のなかには年金収入がある可能性もありますが、これを安定した収入とみなすかどうかは各社によっても異なります。
年金を安定した収入として認めている会社の場合は、問題なくカードローンを契約することができます。しかし、平成22年に施行された総量規制によって年収の1/3以上の借入ができなくなっている現在、年金収入だけではカードローンを利用しにくいのが現状です。
年金収入だけで借入ができるかどうかはホームページなどに記載されている場合もありますが、記載がないことのほうが多いようです。そのため、年金収入のみでの借入を考える際には各社に問い合わせてみましょう。