カードローンの滞納時の取り立てって自宅まで来るの?

急にお金が必要になった時には、便利なカードローン。賢く使えば私たちの味方になってくれるサービスですが、テレビの影響で「滞納したら取り立て屋が自宅まで来る」と考え、利用を躊躇する人も少なくありません。では、滞納した場合、取り立てはどのように行われるのでしょうか。取り立ての流れや違法の取り立てをまとめてみました。

滞納時の取り立ての流れ

カードローンの滞納時の取り立てって自宅まで来るの?返済期日を過ぎて滞納してしまった場合、まず金融機関から携帯電話に電話がかかってきます。
この段階で電話に出て対応すれば(もし電話に出れなかった場合はかけ直せば)次のステップに行くことはありません。取り立ての電話というと怖いイメージを持つ人がいるかもしれませんが、暴力的な口調でかかってくることはないので安心してください。話の内容は「いつまでに支払うことができるか」を聞かれるだけです。
しかし、携帯電話への連絡を無視した場合は、自宅まで催促の手紙がきます。それでも無視を続けると、自宅に電話が来て、最終的には担当者が自宅へ訪問するという流れになります。

違法の取り立てとは

実は、取り立て行為のやり方にもルールがあります。消費者金融などの金融機関は、貸金業法でさまざまなことを規制されていますが、取り立て行為においては第21条「取立て行為の規制」で厳しく規制されています。
この法律の中では、正当な理由がないのに以下のような行為をしてはいけないと書かれています。


  • 大人数で押しかけること
  • 午後9時から午前8時までの間に取り立てをすること
  • 勤務先など自宅以外に電話をかけたり、訪問したりすること
  • 訪問時にずっと居座ること
  • 張り紙や看板などで、滞納していることを周囲に明らかにすること
  • 他の貸金業者からお金を借り入れさせて返済することを要求すること
  • 連帯保証人ではない本人以外の人に、資金調達や代わりに返済することを要求すること
  • 弁護士や司法書士が介入し債務処理を行っていると連絡を受けた後も、取り立てを継続すること
  • 乱暴な言葉を使ったり、大声をあげたりして威迫すること
  • 暴力的な態度で平穏を奪うこと

これらの違反行為があった場合は、貸金業法43条に基づき、6ヶ月以下の懲役・または100万円以下の罰金といった厳しい措置が取られます。
もしこれらのような違法行為があった時はすぐに行政機関に申し立てましょう。

滞納しないためにも返済は計画的に

カードローンの滞納時の取り立てって自宅まで来るの?法律によって取り立てのやり方は取り締まられているものの、滞納しないに越したことはありません。計画的にキチンと返済していきたいですね。