カードローンの契約者が死亡・重度の病気や事故にあった時、残金はどうしたらいい?

人生いつ何が起こるかわかりません。もしも、ローンの返済中に契約者が死亡もしくは重度の病気や事故によって入院し、返済不可能となってしまった場合その残った借金はどうなるのでしょうか?家族はどんな対処をすれば良いのでしょうか?
今回はそんな時の対処方法についてお話しします。

・債務者が死亡した場合

相続には「マイナス(借金)の財産」のものも対象一般的に「借金」は相続の対象となります。相続と聞くと現金や土地などの財産を引き継ぐという「プラスの財産」という印象が強いですが、相続には「マイナス(借金)の財産」のものも対象になります。それにより、債務者が借金を残したまま死亡した場合、相続者となる配偶者や子供に支払い義務が発生します。

例えば数百万円のカード利用残高があり、資産と呼べるものがほとんどなく借金の方が多い場合、相続人は「借金」を背負うことになります。
このような場合、相続放棄をすることで財産を承継しないかわりに、借金の返済は免除されますが、相続放棄の手続きをしないでそのままにしていると資産も借金も相続することになります。これを「単一承継」といいます。相続放棄するには、相続開始を知った日から三ヶ月以内に住所地を管轄する家庭裁判所に届出を済ませましょう。

尚、相続財産が複雑で三ヶ月以内に判断できないような場合、家庭裁判所に対して期間の延期を請求する事ができます。限定承認手続きでは、(相続額と債務額がはっきりと分からない場合)相続人全員の同意が必要となってくるため、この制度を活用することをお勧めします。

・債務者が重度の病気や事故で入院した場合

日頃は延滞など一切なく順調に借金を返済している方でも、病気や事故で入院せざる負えない状況になった場合、途端に返済が難しくなることがあります。
自分で連絡が可能な場合は、借り入れ先業者に電話して返済が遅れる旨を伝えましょう
返済経歴が安定していれば、信用も得られているので返済計画の見直しや、返済日の延長などの手続きを行ってくれる企業がほとんどです。
しかし、自分で連絡が不可能な場合、例えば意識不明の状態が長期続く場合は、家族や知人が電話連絡すれば催促は減り家族に返済義務は発生しませんが、利息は膨らみ続けてしまいます。

このような場合、代理返済を行う際に法的な手続きが必要となります。正当な代理人にならない限り、家族でも委任状無しでは債務額などの契約情報を知ることは出来ません。
債務者本人が病気や事故で返済が難しくなった場合、利息を膨らませない方法として他の人が代理返済をすることは望ましいですが、回復見込みや代理返済をすることができなくなった際には、成年後見人として本人に代わって自己破産手続きすることも可能です。

いかがでしたか?法律に関する手続きには聞きなれない言葉も多く複雑ですが、予想外の出来事が万が一起った場合にも、対応できる基礎的な知識は事前に付けておきたいものですね。