カードローンに申し込むための事前準備まとめ

申し込み前に!カードローンに申し込むための事前準備まとめ

急な出費などの際にお金を借りることができるカードローンは、便利なものです。普段から使わないにしても、いざというときのために契約をしておくというのもひとつの方法です。
そんなカードローンですが、実際に申し込みする際にどういった書類が必要なのかはわからないこともあり、申し込みをためらっているという場合もあるかと思います。
そこで今回は、カードローンの申し込みに必要な書類についてご紹介します。

必要な本人確認書類

カードローンの申し込みで必要になるのが、本人確認書類です。カードローンは無担保型の借入となるため、お金を貸す相手が本当に信用できるかどうかが大きな問題となります。
そのため、きちんと本人であることが確認できる書類の提出が求められます。基本的には、すべてコピーで大丈夫です。
本人確認書類としてよく利用されるのが、健康保険証と運転免許証です。健康保険証は公的な証明書ですし、顔写真はなくても保険の種類によってある程度働き方がわかります。
カードローンの契約では返済能力があるかどうかも重要な条件であるため、ある程度それがわかる保険証であれば信用できます。
運転免許証にはそういった返済能力を示すような効力はありませんが、顔写真がついているため本人確認書類としての信用度は高いといえます。
このほかには、住民基本台帳カードやパスポート、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書などが本人確認書類として利用できる場合があります。
どの書類が利用できるかはカードローンを申し込む会社によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

場合により必要になる収入証明書

カードローンの申し込みには本人確認書類が必要ですが、場合によってはこれとは別に収入証明書が必要になることがあります。
収入証明書はその名のとおり、本人がどれくらいの収入があるのかを証明するためのものです。これによって、申し込みを行った本人がどれくらいの返済能力があるのかを判断することができます。
収入証明書が必要になるのは、申し込みの際に一定額以上の借入金額を指定した場合です。この一定額というのは各カードローン会社によっても異なるため、一概にいくらとはいえません。
そのため、高額の借入を申請しない場合であっても、用意できるよう準備はしておきましょう。本人確認書類同様、いずれの書類もコピーで大丈夫です。
サラリーマンなど給与所得者の場合は、源泉徴収票や所得証明書が収入証明書として利用できます。これらがすぐに用意できない場合は、直近3ヶ月以内、連続2ヶ月分の給与明細でも可能となることもあります。
この辺りは各社によっても異なります。自営業や個人事業主の場合、住民税決定通知書や課税証明書、納税証明書などが利用できます。このほか確定申告書でも可能な場合がありますが、詳細は各社にご確認ください。