カードローンとキャッシングの違い

知らないと恥ずかしい!カードローンとキャッシングの違い

必要なときにお金を借りることができるカードローンは、非常に便利なものです。ところで、お金を借りることができるサービスにはキャッシングというものもありますが、このふたつがどのように違うかはご存知でしょうか。
ほとんど同じサービスだと認識している人も多いのですが、実際は異なるものなので利用する際は注意しなければいけません。
そこで今回は、同じものだと認識されやすいカードローンキャッシングの違いについてご紹介します。

基本的には大きな違いはない

それぞれの具体的な違いをご紹介する前に、まずはそれぞれを簡単にご紹介したいと思います。
カードローンは、クレジットカードやキャッシングカード、ローンカードなどを利用してお金を引き出すことができます。
窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどが利用できます。引き出せる金額の上限は契約によって定められていて、それ以上引き出したい場合には限度額を引き上げる審査を受けなければいけません。限度額の範囲内であれば、返済が終わっていない状態でも何度でも借りることができます。
キャッシングも同じく、クレジットカードやキャッシングカードなどを利用して、窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどからお金を引き出すことができます。
引き出せる金額の上限は契約で決まっていて、限度額の引き上げには審査が必要です。返済途中で再び引き出せるかどうかは、契約内容によっても変わります。
このように、基本的にはほとんど同じものであるといえます。

最も大きな違いは返済方式

似たものであるふたつの借入方法ですが、最も大きな違いは借りたお金の返済方式です。一般的にカードローンはリボルビング方式といって、一定期間毎に定められた金額を返済していく分割払いです。
これに対してキャッシングは、翌月の一括払いとなっている場合が多くあります。そのため、自身の経済状況によってカードローンキャッシングのどちらを利用するのか検討しなければいけません。
限度額の違いも大きな差であるといえます。カードローンは大口の融資が可能であり、場合によっては数百万円もの借入ができます。
これに対してキャッシングは小口融資が基本であり、多くても数十万円単位であることがほとんどです。その代わり、大口融資も可能なカードローンのほうが審査は厳しくなっています。
このほか、金利も異なることが多く、その場合はキャッシングのほうが高金利に設定されています。

返済期間に合わせた選択を

前述したように、カードローンキャッシングでは返済方式が異なります。そのため、毎月少しずつ返していきたい場合にはカードローンを、翌月返済できる見込みがあるならキャッシングを利用するといいでしょう。
余裕をもって返済がしたいから、とカードローンでの分割払いを希望することもありますが、この場合最終的な返済金額は高くなる可能性があることも覚えておかなければいけません。
金利キャッシングのほうが安いことが多いのですが、カードローンは長期的な返済計画となるため利息がかさむ可能性があります。そういった点にも注意して、無理なくカードローンキャッシングを利用しましょう。