カードローンとは

そもそもカードローンってなに?

カードローンとは?

「ローン」と聞くと、消費者金融に出向かないといけないとか、高額を借り入れないといけない、ちょっと借りるのに抵抗がある、などのマイナスイメージではないですか?
しかし、「カードローン」は専用カードを発行またはクレジットカードの機能を追加するだけで融資の限度額の範囲内でATMから自由に出し入れできる、いわばセカンド財布のような形です。
また、大手の銀行などが直接運営しているので、とても安心なのです。
あなたは、お給料日前に子供の学校行事の集金があったり、習い事の費用、冠婚葬祭が入ってしまったりという、急な出費に困ってしまったという経験はないですか?
このようにお金が必要になってしまったけど手元にも口座にもお金の余裕がない時にササっとお財布代わりにATMなどから低金利で借りられるのです。
現在、ATMの手数料が無料で出し入れ可能や、コンビニでもカードが利用できるところが多いので、24時間安心です。
そして、基本的には安定した収入がある方であれば、バイトやパートの方でも専用カードのお申し込みができます。
また、学生や主婦でも、利用限度額がある場合や未成年者は親権者の同意が必要な場合がありますが、借りたいと思っている銀行などの口座がなくても審査が通ればカードローン専用のカードを発行してくれます。
また、高額を借り入れる場合は、収入証明書が必要になることがありますが基本的には免許などの身分証明書があれば手軽に借りられるようです!

カードローンとキャッシングの違い

では「カードローン」と「キャッシング」との違いは何でしょうか?
一番の違いは“返済方法”です。カードローンの返済方法は主に分割払いが主流となります。
月々の返済額を小さく抑えることが可能なので、とても安心ですし、すぐに返済を選ぶことも可能なので、返済方法を多様に選択できるのはとても便利で使い勝手がよいのでお勧め致します。

一方、キャッシングの返済方法は主に一括払いとなります。
返済する時は「借りた金額+金利」になりますので、すぐに返せる場合はいいのですが、時間がかかる場合に、高額な金利を払わなければならなくなります。
ゆっくり返したい時は「カードローン」がお勧めだと思います。
ただ、どちらにせよ金利が発生しますので、計画性をもって借入額を設定することをお勧めします。
また、キャッシングの場合は、限度額まで現金を引き出すことは可能ですが、クレジットカードでお買い物をされた場合、そのお買物された金額の差額が現金の限度額となります。
例えば、限度額10万円までの場合で、クレジットカードで3万円お買い物をすると、残りの7万円が現金引き出し限度額となります。 そのため、現金をたくさん借りたい方はカードローンをお勧めします。

カードローンのメリット

では、カードローンのメリットについて考えてみましょう。
第一に、限度額が大きいことと低金利で借りることができることがとてもいいと思います。低金利なのに限度額が高いということは生活していくうえでとても助かります。
急に高額が必要な時に、普通の口座ですとATMで引き出せる金額はわずかですし、窓口に行く時間もない時は専用のカードからコンビニでも利用できるのはとてもお手軽です。
また、低所得者であっても、カードローンの多くは総量規制の対象外となっており、所得の3分の1以上の借入でも問題なく借りることができます。
また、直接の運営先が大手の銀行などが多いので、手続きをする上で、窓口への相談もとても行きやすいです。
そして、借りる先が安定した会社ということは安心感があり、後ろめたさも感じさせないので普段の生活にとても便利なシステムだと思います。